車のオークション・個人売買について

MENU

車のオークションについて

auction

車買取の相場は、車のオークションの落札価格を基準に算定されています。
多くの車買取業者は買い取った車をオークションに出品して利益を得るため、
予め落札価格を予想してその落札価格よりも低い価格で買い取るようにしているわけです。

 

車の落札価格は車種、グレード、年式、走行距離、ボディカラー、修復歴の有無などを見ればだいたいわかります。
しかし、車買取価格は車買取業者によって違います。
これは利益率が異なるからで、薄利多売の業者もあれば、利幅を大きくとることを優先している業者もあります。
そのため車を売るときには、1社でも多くの車買取業者から査定してもらい、最も高額買取してくれる業者を探す必要があるわけです。

 

また、車買取よりも、自分で自分の車をオークションに出品して売る方法もあります。
この方法が最も高値で売ることができる可能性を秘めていますが、参加資格があり誰でもオークションに参加できるわけではなく、
手続きや落札者とのトラブルなどを考慮すると、簡単に手を出すことができません。
そのような場合は仲介業者を通して出品してもらうという方法もあります。
希望落札価格を提示し、出品してもらいます。
手数料を支払っても買取より高く売れることが少なくありません。

 

「車下取り価格に満足できない人へ」>>TOPに戻る


車のオークション・個人売買について記事一覧

インターネットのオークションを利用すれば、何でも個人売買することができます。買取専門店などで査定して売る車も、インターネットのオークションで個人売買することが可能です。インターネットを使った個人売買なら、買取専門店より高額で車買取できる可能性があります。また、出品時に最低落札額を決めることができるので、自軍が納得できる価格で売れることもメリットです。この2点のメリットは、買取専門店で車買取をしたと...

いらなくなった車売る際、専門業者を利用する方法を選択する人が多いですが、メリットの多さから個人売買という方法を選ぶ方も多くいます一般的な個人売買といえば友人や知人など顔馴染みの間柄の人に売る方法です。これはそもそも間に業者や人を挟まないことからマージンや消費税といった余分な費用が掛からず高く売れ、買う側にとっては通常よりも安く買えるというメリットが存在しています。そしてもう一つ増加している方法がオ...

オークションで車を売る最大のメリットは直接取引なる為手数料がかからない為、業者買取に比べ高値で売ることが出来る点です。高く売れることとオークションで同じ趣味の車を選択したもの同士で友達が増えるというのもよいところです。メリットはこの2点に限られます。と、言っても結局高く売れることが一番です。逆にデメリットは多いです。一番の危険性としてオークションで落札した方から実車を見てキャンセルしてきたり、難癖...

ネットオークションは車を売る側としても高く売れることがあるとして人気です。車買取よりも高値になることもありますから、とにかく高く売りたい時に便利だと言えます。ただネット―クションにはリスクもあり、まずお金のやりとりについてです。金額が大きくなることもありますので例えば支払いが分割になることもありますが、途中から支払いが滞るようになってトラブルになることもあります。こうしたトラブルの可能性を踏まえた...

中古車を処分するには、いくつかの方法があります。ディーラーに持ち込んだり、買取業者に査定を頼んだり、ネット上の査定サイトを使ったり、などです。その中に中古車オークションを使うという方法も存在しています。一見オークションというと特別なもののような響きがありますが、じっさいはそうではありません。日本全国の150以上の地域で開かれていて、毎日どこかしらでオークションがおこなわれているのが現状です。日本で...

車購入の方法にこだわりたい場合には、様々なオークションサイトの特徴を把握することがとてもおすすめです。現在では、中古車の取扱いのコツについて、ネット上で度々話題となることがありますが、信頼のできるツールを活用することによって、便利な情報を仕入れることが可能となります。中古車のオークションに参加をする方法に関しては、素人にとって、すぐに理解をすることが難しいケースがあり、まずは経験者の口コミをチェッ...

車売却をする方法として、個人取引がありますがこれは最も高く車を売ることができる可能性の高い方法なので少しでも高く売りたいとなったときにまず考えられる方法です。しかし、その一方で非常にトラブルが多い方法であるためそのようなリスクを考えると素直に、買取店などに売ってしまったほうが良かったということは少なくありません。まず、個人取引をする場合書類のやり取りの当事者同士でしなければなりませんが、日頃からこ...