売却時期が査定に与える影響

MENU

売却時期が査定に与える影響

carkisetu

高く車売るには、いくつかのポイントがあります。そのひとつが「売却時期」です。
これはどういうことかというと、その車を欲しい人が多い時期に売却することができれば、より高い値段で引き取ってもらえる可能性が高くなるということです。
それだけでなく、より短い期間で車を買い取ってもらえることにもなるでしょう。

 

具体的には、冬の終わりから春のはじめが一つのピークになります。
なぜならば、4月には入学や入社などのイベントがあるために、その前の2月、3月あたりで車を用意しておこうと考える人が増えるからです。
また、売ろうとする車種によって、適した売却時期が変わってきます。
たとえばオープンカーを売ろうとするならば、冬よりも夏のほうが需要が増えて良いということになります。
その時期にどんな車が求められているのかを考えるのが、重要なポイントといえるでしょう。

 

このように売却時期は重要なのですが、ひとつ注意点もあります。
一番良い時期で売ろうと待っているのが、常に最適な行動とは限らないということです。
一般的に車は、古くなるほどに価値が下がっていきます。
ですので、適切な売却時期を選ぶことによる利益と、古くなることのデメリットを慎重に検討する必要があります。

 

 


売却時期が査定に与える影響記事一覧

愛車を売却するにあたって、買取店が高額で買取をしてくれるタイミングというものは実際に存在します。具体的には初回車検前を迎える前のタイミングや、次回車検までの車検残、はたまた年が変わる前やモデルチェンジ前、と様々なタイミングが存在します。例えば、車検にスポットをあててみると車検残が長ければ長いほど、次期ユーザーは車検まで長く乗る事が出来るので買い手が見つかりやすく、その為、高額買取をしてくれる傾向が...

車検の前になると、車買い替えしようかなと考えると人が増えてきます。それは車検費用が高いからです。自動車重量税や自賠責保険、点検整備費用、部品交換費用、そして各種手数料などを様々な費用が発生するため、失費もばかになりません。そのため車検を買い替えのタイミングとして考える人が多いわけです。中には新車から3年ごとに買い替えている人もいるくらいです。しかし、新車に買い替えると、その新車の購入費用が発生しま...